人体を構成する上で必要不可欠なアミノ酸

人体を構成する上で必要不可欠なアミノ酸人間の体を作る上で必要不可欠なものにアミノ酸があります。体の血管や内臓、皮膚、筋肉などの大元となるタンパク質を構成しているのがアミノ酸であり、人体の約20%を占めると言われるほど大事なものです。体を作る上で重要な役割を担っていると言っても過言ではなく、これが不足してしまうと体に変調を来してしまいます。プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれており、20種類全てがあるため人体に有効に働いてくれます。しかし、プラセンタサプリを飲む前にアミノ酸サプリを飲んでいるという人は、これまで使用していたサプリを飲まなくても良いのかと疑問に思うと思います。プラセンタサプリを飲めば、本当にそれだけで良いのでしょうか。

アミノ酸サプリは目的によって配合された種類が違う

アミノ酸サプリの主成分は言うまでもなくアミノ酸で、プラスして別の栄養成分が入っていることが多いです。アミノ酸は結合をして成分を変化させ、体に作用をしていくのですが単独だと上手く結合が出来ずにバラバラのままで望む働きが出来なくなります。ここで接着剤の役割をしてくれる物質を入れることで結合ができ、狙った効果を生み出すことが出来るというしくみになっています。わざわざアミノ酸サプリと言っているので、20種類全部が配合されているのだろうと思いがちですが、全てを含んでいるのではなく部分的に含んでいる場合が多く、それは体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のみであったりその中の更に一部であったりと様々です。何故全てではないのかと言うと、サプリメントは何に効果を出したいのか?という所で特色を持たせているため、すべての要素を含む必要がまずありません。例えば、運動をして筋肉を付けたいのに美肌や美髪効果を齎すものまで摂る必要はなく、主になるのは筋肉を増強させる成分を取れば良いですよね。プロテインは全種類を含んでいるか、もしくは全種類に近い形で含んでいますが、カロリーがプラセンタサプリに比べればずっと高いため、用途は限定的です。

プラセンタサプリはトータル的なケアを目指す

プラセンタサプリはトータル的なケアを目指す全てのアミノ酸を摂ろうと考えた場合、プラセンタサプリを使った方が20種類全てを含んでいるため効率的な摂取が可能と言えます。プラセンタサプリはアミノ酸だけに留まらず、様々なことに良い影響を与えてくれるため、どんな目的で飲んでもトータル的に体をケアやサポートしてくれます。例えば美肌目的に飲んでも良いですし、健康状態を良くしたいから、維持したいからという目的でも構いません。運動をして体を作るという目的で飲んでも効果がありますし、プロテインと違って1粒のカロリーは大したものではなく、一日に10粒も20粒も飲まなければならないものではないのでカロリーも気にせずに飲むことが出来ます。アミノ酸サプリの場合は限定的な効果を狙いますが、プラセンタサプリはトータルケアを目的とするためほぼ全てに効くと言えます。なので、プラセンタを飲んでいれば改めて別のところからアミノ酸を摂る必要はありませんし、飲み合わせが気になる場合は、プラセンタサプリの不足分は食事から摂取した方が安全でしょう。

★プラセンタ成分の詳細はコチラ⇒ 

プラセンタサプリから効果的にアミノ酸を摂るには

効果的にプラセンタサプリから摂取をするには、なるべく効きやすいタイミングで摂取をした方が良いでしょう。満腹時は食事の消化のために胃酸が多く出ているためプラセンタの成分を壊す可能性があります。腸も余分な栄養とみなして取り入れてはくれず、上手く吸収が出来ません。また、アルコールを飲んだ状態だと成分が分解されて、やはりこれも吸収の妨げになるため、空腹時でお酒を飲んでいない状態で飲むことが好ましいです。多めの水でしっかりと流し込み、胃酸に負けて成分が壊れてしまったということにならないようにしましょう。また、プラセンタサプリの質も重要な要素であり、質が悪いサプリメントだと思うようにアミノ酸を摂取することが出来ません。アミノ酸量が多いのは馬プラセンタで、豚と比較すると馬由来のものは平均して1.5倍ほどのアミノ酸量を含むとされています。種類によって差は大きく広がったり狭かったりとしますが、馬由来のものの方が摂取には効率的ですので馬プラセンタを選びましょう。

プラセンタサプリと合わせて栄養素を摂りたい場合はなるべく食事から

プラセンタサプリと合わせて栄養素を摂りたい場合はなるべく食事からプラセンタサプリを飲むことでトータル的に摂取をすることが出来るため、あえて別途にサプリメントを摂る必要はありませんが、目的によってはアミノ酸以外の成分で補足として摂った方が良いものもあるでしょう。プラセンタに限らずサプリメントは飲み合わせが悪いというものもありますので、プラセンタサプリ以外はなるべく食事から栄養を摂るようにし、飲み合わせが良いかどうかは事前に調べておくことが大切です。