アレルギーが原因の体調不良

アレルギーが原因の体調不良昨今、さまざまなアレルギー症状が報告されており、悩まされている人は増える一方です。まだ年端もゆかない子供もアトピー性皮膚炎に悩まされており、一度発症するとなかなか治らない、厄介な皮膚炎です。かゆみがひどいことから、どうしてもかきむしってしまい、傷ができてまたひどくなるということの繰り返しで、どんどん皮膚がごわごわと硬くなっていくのがアトピー性皮膚炎の特徴です。また、ごわごわして固くなった皮膚が黒くなってきて、アトピーのところは黒くなり、顔や体の色がまだらになってしまうのも、大きな悩みの要因になってしまいます。国民病とさえいえるほどになった花粉症も、アレルギーの一種です。鼻が詰まったり、鼻水が出たり、目がかゆくなったりといった症状が主なものですが、中には顔や首が熱を持ったように赤く腫れたり、かゆみを伴ってカサカサするといった花粉症皮膚炎を引き起こす場合があります。他にもさまざまなアレルゲンがあることから、たかがアレルギーでは済まされなくなってきました。

アレルギー症状緩和のための手段

そもそも体内にアレルゲンと呼ばれるアレルギー物質が入り込むと、免疫システムが働いて、それらを排除しにかかります。免疫システムが正常に働いていればアレルギー症状が出ることはないのですが、体質や体内の栄養素のバランスが崩れることによって、免疫システムが過剰に反応してしまうようになります。その結果、本来なら排除する必要のない正常な細胞に対してもアレルゲンとみなして攻撃をしてしまうため、さまざまなアレルギー症状が出てきてしまうのです。いわば、体内での正常な働きが崩れてしまっているので、いくらアレルギー症状の出ているところに薬を塗ったりしても対処療法にしかなりません。そこで、このアレルギー反応を何とかコントロールするための手段を模索する必要があります。

プラセンタという選択肢

プラセンタという選択肢アレルギー症状の改善に役立つものとして、乳酸菌やフラボノイドなどがよく知られていますが、プラセンタという選択肢が効果的だということが最近の研究でわかってきました。プラセンタと言えばアンチエイジングというくらい、美容に関するものというイメージがありますが、実はプラセンタは美容以外にも驚くべき力を秘めています。確かに細胞分裂を活発にさせる成長因子という働きのおかげで、プラセンタを摂ると肌の生まれ変わりがスムーズになり、きれいになります。そのため、美肌のためのサプリであるとか、アンチエイジングにプラセンタサプリという固定観念が生まれたのですが、体に働きかける健康面への効果も忘れてはいけません。先に述べた成長因子の働きによって、体の細胞の生まれ変わりが活発になるということは、アレルギー症状で傷んでしまった皮膚の細胞も生まれ変わってきれいになるかもしれません。

薬に頼らない解決方法

薬に頼らない解決方法そもそもプラセンタには、抗アレルギー作用があることが知られています。これは母体が胎盤内にいる赤ちゃんを異物と認識してしまわないようにするための、非常に重要な機能です。プラセンタ、つまり胎盤に抗アレルギー作用があることによって、胎盤内にいる赤ちゃんは免疫システムからの攻撃を退けることができているわけです。胎盤内に豊富に含まれている免疫抑制物質をプラセンタサプリとして取り込むことができれば、体内の免疫システムのコントロールに役立ちます。小さな受精卵を赤ちゃんの形にまで成長させる間、ずっと免疫システムから守り通す胎盤の力は、プラセンタサプリとなってもその効果を発揮してくれることでしょう。抗アレルギー作用を、命をはぐくむ胎盤から作られたプラセンタに頼るということが、薬に頼らない解決方法になるかもしれません。

上質の素材を選んで取り組もう

プラセンタサプリの原材料は、たくさんの胎盤が採れることが一番の理由となって、豚由来がもっとも多くなっています。サプリの値段もお手頃なので続けやすく、じわじわと変化を感じていくには適しています。ただしアレルギー対策でプラセンタサプリを摂るのであれば、もう一歩踏み込んだ上質のプラセンタサプリを選ぶのがいいでしょう。上質のプラセンタサプリになる原料の胎盤を持つのが、馬です。馬は豚に比べると体格が大きく、さらには一頭しか生みませんので、一頭の子馬の成長のために栄養素をこれでもかと集中させます。さらに豚にはない成長因子のアミノ酸が6種類も多く含まれており、これが成長を加速させます。馬由来のプラセンタによって細胞分裂がより活発になり、新陳代謝がよくなれば、ごわごわ肌がより早くきれいに生まれ変わるでしょう。抗アレルギー作用においても、豚よりも体の大きな馬の方がその働きは強くなると推測されますので、せっかくなら馬由来のプラセンタサプリで対策をとるのが、早く変化を実感することにつながります。