馬プラセンタと豚プラセンタの成分比較

馬プラセンタと豚プラセンタの成分比較
馬プラセンタ豚プラセンタも共通している成分に「成長因子」があります。この成分はプラセンタにしか含まれていない成分であり、大変貴重なものです。プラセンタを使っている人の多くが、この成長因子の効果が目的です。

共通する成分にアミノ酸があります。アミノ酸については、馬プラセンタと豚プラセンタとでよく比較されることがありますが、例えば馬プラセンタのアミノ酸の方が数十倍多いというようなふれこみは間違いでしょう。それぞれのプラセンタ商品(サプリメントや美容液など)が、同じ工程で製造されているわけではなく、条件の悪い製造方法だと有効成分も壊れてしまいます。馬プラセンタと豚プラセンタのアミノ酸の量は、馬プラセンタの方がやや多いというくらいです。

★プラセンタの成分詳細はコチラ⇒

馬プラセンタと豚プラセンタの効果比較

馬プラセンタと豚プラセンタの効果について比較しましょう。効果については成長因子が関係するものについては同じですが、アミノ酸が関係する効果については、馬プラセンタの方がアミノ酸の量も多いですし、豚プラセンタに含まれていないアミノ酸も6種類含まれていることから、馬プラセンタの方が効果が高いと言えます。

また、豚プラセンタはワクチンや薬剤を使用していることが多いので、製造工程で加工される部分が多く、有効成分も壊れてしまうことから馬プラセンタと比べて効果は低くなってしまいます。

馬プラセンタと豚プラセンタの安全性比較

馬プラセンタと豚プラセンタの安全性比較馬プラセンタと豚プラセンタの安全性について比較してみましょう。馬プラセンタは免疫力が高いので病気になりにくく、ワクチンなどの使用がほとんどありません。しかし、豚プラセンタの飼育環境は豚舎で行われることから、病気にかかりやすくワクチンや薬剤の投与も行われます。このことから見ても、馬プラセンタの方が安全性が高いということが分かります。

双方のプラセンタだけを比較するだけでなく、製造方法、製造される工場もプラセンタ商品の安全性として比較する要因になります。

馬プラセンタと豚プラセンタの価格比較

馬プラセンタと豚プラセンタの価格を比較しましょう。一般的に内容面では馬プラセンタの方が優れていると思う点が多いのもあり、馬プラセンタの方が価格は高めです。豚プラセンタはプラセンタの流通数も多いことから、価格は馬プラセンタと比べて安価です。

馬プラセンタの方が価格は高めではありますが、その差は数千円程度です。定期購入を利用することで通常価格と比べて数千円安くなることもあるので、価格は購入方法を工夫することによって安くすることもできます。

馬プラセンタと豚プラセンタの発売商品比較

馬プラセンタと豚プラセンタの発売商品比較馬プラセンタも豚プラセンタも発売されている商品については概ね同じようなものが販売されています。サプリメント、美容液、化粧水などの化粧品類などが主に販売されています。

商品として販売されているプラセンタ関連商品については、豚プラセンタを使ったものが多くなっています。これは、豚プラセンタの流通量が多いので当然のことでしょう。1年に2回出産できる上に、1回の出産で10頭前後出産する豚はプラセンタそのものが市場に出回りやすく、馬プラセンタのように出産数が年1回の上に、1回の出産で1頭しか出産できない馬と比較のしようがありません。

馬プラセンタと豚プラセンタを比較してみると・・・まとめ

馬プラセンタと豚プラセンタを比較してみて、最終的な商品選びの基準は、成分、効果、安全性、価格の4つにしぼられることが分かりました。より高い効果を求めるのであれば、馬プラセンタ、価格を重要視するのであれば、豚プラセンタというように、優先順位を考えるとどちらのプラセンタを選べばよいかが見えて来るでしょう。