放っておいても治るはずなのに

誰しも1度は経験があるニキビ。ニキビの多くの場合、放っておいても自然に治っていくものです。しかし、中にはニキビが治らず重症化してしまう例もあり、ニキビ跡が真っ赤に腫れてしまったり陥没してしまったりと見た目にも状態が酷くなってしまいます。

ニキビは、完全に重症化してしまうと自然治癒に任せるのは不可能に近く、何らかの方法で手を打たないとニキビ跡がくっきりと残ってしまうのです。

服で隠れる場所であればまだ誤魔化しようもありますが、顔はどうしても隠すことが出来ないですよね。人目に触れて不快な思いをすることに繋がります。ニキビ跡を気にして外出を拒むようになるなどの可能性もあります。日常生活を楽しく快適に送るためにも、にきびをすっかり治したいものです。

そもそもニキビはどうして出来るのか

そもそもニキビはどうして出来るのかニキビは肌に汚れや皮脂が詰まって炎症を起こしている状態です。色は白や赤、黄、黒と状態によって変わっていきます。

白ニキビは皮膚に雑菌や汚れが詰まっている状態で、ニキビの中でも最も軽症の部類です。市販薬を塗るだけでも綺麗に治ってしまう程度で放っておいても治るものではあるのですが、重症化する前段階ですから放っておいても治るからと油断をしていると重症化させてしまう可能性があります。

白ニキビの次の段階なのが黒ニキビ。黒ニキビは「これから炎症を起こしますよ」というサインです。

問題なのは赤ニキビや黄ニキビです。白ニキビが炎症の始まりとすると、赤ニキビは炎症が起こっている状態、そして黄ニキビは炎症が悪化し膿が出てくる状態です。この状態になっても尚も何もせずに放置をしていると跡が残りやすくなり、結果的に酷いニキビ跡を顔に残してしまうことに繋がります。

クレーター肌になってしまうのは何故か

重症化してしまったニキビはずっと炎症を続けているわけではなく、いずれは治っていきます。しかし、綺麗に治さなければニキビ跡が残った状態になります。肌の状態は非常に良くありません。そのニキビ跡の一つにクレーター肌があります。クレーター肌は、ニキビ跡が陥没した状態になってしまったものです。

ニキビはアクネ菌の繁殖が影響していますので、肌はこのアクネ菌を健康な肌に拡大させないためにわざとニキビが出来ている部分を破壊して繁殖を食い止めるのです。この破壊は表皮ではなく真皮という肌の深い部分にまでダメージを及ぼすので、ターンオーバーを繰り返しても回復にはなかなか繋がりません。回復する力そのものがありません。

一昔前ではこのクレーター肌は治らないと言われていましたが、今では改善する方法が分かってきています。クレーターになった場所に失ってしまったものを補ったり、新しく再生したりする能力が加われば回復をすると考えられています。

クレーターの回復に一役買うのが「プラセンタサプリ」です。

プラセンタが持つ傷ついた肌への回復力

プラセンタには豊富なアミノ酸などの栄養素が凝縮されており、美容のみならず健康にも一役買ってくれます。そして、プラセンタの最大の効果は体の異常を修復することです。

クレーター肌となったニキビ跡は肌の状態の異常であり、再生力を失っている状態にあるため、プラセンタはその再生能力を戻すための働きをしてくれます。

プラセンタは、上皮細胞成長因子であるEGFと線維芽細胞増殖因子というFGFの2つを含んでいて、これがクレーター肌に効き目があります。EGFは肌の細胞を再生させ、ターンオーバーを正常化させてくれます。肌のハリやツヤも与えてくれるので、真皮まで傷ついて再生出来ない状態にあるクレーターに働きかけ、古い皮膚を捨てて新しい皮膚を作り出すターンオーバーを元通りにします。再生できないということは新しい皮膚を作ることが出来ないということで、ターンオーバーもする必要がないから停滞してしまうのです。

FGFは真皮を充実させ、血管を発達させる効果があり、加えてコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを増やす力があります。真皮は回復力が弱いためFGFで回復力を上げ、真皮の血管をきちんと整えてあげることでクレーター肌を回復させる下地を作っていきます。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンもダメージを受けていることで不足しているので、傷ついた真皮に与えてを生き返してくれるのです。

これらは体内に入れることで真価を発揮するため、肌表面に塗る化粧水タイプでは真皮のダメージ回復には貢献出来ません。肌にはバリア機能があり、異物を肌に染み込ませないように弾くため、体に良いものでも異物として排除しようとするのです。このためプラセンタサプリを使うと、肌の回復を促すために内側から働きかけてくれるので、肌の状態を良くすることに最適なのです。

プラセンタサプリは回復の下地を作ってくれる

プラセンタサプリは回復の下地を作ってくれる最も手が出しやすく続けやすいのがプラセンタサプリですが、即効性という点が唯一の弱点です。飲み始めてすぐには効果が現れないと思って下さい。プラセンタサプリは、半年間根気強く飲み続けましょう。効果が現れなければ飲む量を増やしたり、サプリを変えたりするなどしてみましょう。

プラセンタサプリは治療薬ではないので完全に治るわけではなく、治るための下地を作ってくれる役目を担ってくれます。プラセンタサプリを飲みつつ、顔の清潔を保ったり保湿をしてみたりと、肌表面からのケアも必要になります。

プラセンタサプリもなるべく質の良いものを飲むようにし、動物由来の、特に馬由来のものを飲むようにしましょう。動物由来のものは馬と豚が主流ですが、馬の方が栄養価は高いので、馬プラセンタを使った方が効果的でオススメです。