プラセンタの効能を知っておきましょう

プラセンタは美容や健康に良い成分として知られていますが、生命を成長させる神秘のパワーが含まれている特別なものです。細胞を形作る豊富なタンパク質、アミノ酸、脂質、糖質の他にも、体の調子を整えるミネラル、ビタミン、核酸、酵素などをたっぷり含んでいます。お腹の中の赤ちゃんはこの胎盤を通して豊富な栄養や酸素を貰うので、胎盤は命を育む体に良い成分が豊富なのです。さらにグロウファクターと言われる細胞を成長させる成長因子を含んでいるのもプラセンタの特徴です。プラセンタは摂取することにより美白効果、保湿効果、アンチエイジング効果、ホルモンバランスの調整効果、自律神経の調整効果などさまざまな効果を期待することができます。

★プラセンタサプリの女性に嬉しい効果の詳細はコチラ⇒

プラセンタ注入療法の価格とは

プラセンタ注入療法の価格とはプラセンタは、更年期障害の治療や月経前症候群などの治療に注入療法として利用されています。この注入療法に関しては美容目的で受けることができるところもあり、アンチエイジングのために利用する方も増えています。最近では美容外科や美容皮膚科だけでなく乳腺外科や内科、皮膚科など多くの診療科のクリニックでこうしたプラセンタの注入療法を行っているのです。気になるのがこのプラセンタ注射の価格ですが、実はクリニックによって様々です。1本4500円というクリニックもあれば、1本2000円、1500円というところもあり、最も安い価格では500円で注射を行っているところもあります。プラセンタ注入療法は自由診療ですので、注射の価格はそれぞれのクリニックに任されているため価格にバラつきがあるのです。もちろん料金が安いクリニックは大変混み合いますので、予約が取りにくくアンチエイジングのための注入療法のために長期間待たされるというケースもあります。こうした注入療法は、はじめは1週間に2本程度の注射を勧められ、効果が出てきたら1週間に1本の注射を続けるというのが一般的です。

プラセンタサプリ、ドリンクの価格とは

一般的にプラセンタドリンクの価格は1本500円ほどというのが相場です。毎日プラセンタドリンクを飲み続けると、ひと月で約15000円かかる計算になります。一方プラセンタサプリの価格は大変幅広く、使われている原材料や品質、プラセンタの抽出方法などによって価格も変わってきます。こうしたドリンクやサプリのメリットは、通販などで気軽に購入でき、クリニックでの診察や待ち時間が必要ないという手軽さです。自分のペースで、摂取量を加減することが出来るのもプラセンタサプリやドリンクのメリットとなり、注入療法に比べて続けやすいという口コミもあります。プラセンタの効果を最大に引き出すためには、やはり継続できるかどうかというのが一番肝心になります。

プラセンタとは何から抽出されているのか

プラセンタとは何から抽出されているのかプラセンタとは哺乳類の胎盤を意味する言葉で、胎盤から抽出されたエキスをプラセンタとして注入療法やサプリメント、ドリンクとして配合しています。一般的に注入療法に使われるプラセンタは人由来のものです。赤ちゃんを出産したあとに後産で胎盤が排出されますが、その胎盤を捨てずに処理して、注入療法用のプラセンタを取り出します。また、ドリンクやサプリメントに入っているプラセンタは動物由来のものが主になっています。以前は牛のプラセンタが主流でしたが衛生上の問題から現在は馬由来、豚由来のものが使われるようになりました。さらに海洋性プラセンタ様成分や、植物の胎座と呼ばれる箇所から抽出された植物性のプラセンタ様成分が配合されているものもありますが、こうしたプラセンタの成分にはプラセンタ最大のメリットである成長因子が含まれないことがあります。そのため、ドリンクやサプリは動物由来のものを選ぶのが良いでしょう。

プラセンタサプリは馬由来がおすすめです

プラセンタサプリを選ぶときに気になるのが豚由来の方がいいのか、馬由来のものがいいのかということです。価格的には最も安いのは豚由来のものが多いですが、これには理由があります。豚は1年に2回の出産をしますが、1回の出産で10匹以上もの子豚を産みます。多くの出産、多産をこなしていくため胎盤は薄く、膜のような器官となっており栄養成分も馬に比べて薄いケースが多く見られます。一方で馬は1年に1回、たった1頭の仔馬しか出産しません。胎盤は分厚くしっかりしており、アミノ酸をはじめとする栄養成分もたっぷり含んでいます。このようなことから、プラセンタサプリメントを摂取するのであれば、馬由来のものが良質で安心ということで多くの女性に選ばれています。プラセンタサプリは安定して飲み続けることができるものを選ぶことで、全身への美白美肌効果、ホルモンバランスの調整効果、代謝活性効果を期待できるのです。