飲むなら動物由来のプラセンタサプリが良いと言われるが

飲むなら動物由来のプラセンタサプリが良いと言われるがプラセンタサプリを飲む時、美容や健康のためなど目的によっては植物性や海洋性ではなく動物性のプラセンタを飲むことを強く勧められます。動物性プラセンタには植物性や海洋性といった本来胎盤を持たないものと比較をすると、動物性プラセンタにしかない成長因子という成分が人間の体に大きく作用するため、せっかくプラセンタサプリを摂取するなら、やはり成長因子が含まれている動物性のものを使用した方がいいでしょう。そして、動物由来のプラセンタサプリには、馬、羊、豚とあり、これらもそれぞれに違いがあるのでその違いを正しく知ることが大切です。

★プラセンタの種類の詳細はコチラ⇒

羊由来のプラセンタサプリ

羊由来のプラセンタサプリは羊の胎盤を使っています。日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では非常に人気があるプラセンタで、ヒト由来のプラセンタと同様のアミノ酸組織を持っているため、拒否反応が出にくく体に浸透しやすいという点が挙げられます。ごく稀ではありますが、プラセンタを摂取することで異常蛋白アレルギーというアレルギー症状を起こしてしまう人がおり、赤みや湿疹、かゆみといった症状から重症化すると肝機能の低下や障害が現れることがあります。こうしたリスクが羊由来のものには絶対にないとは言えませんが、ヒトの組織と似ているのでこうしたリスクはほぼなく、体に浸透しやすいと人気なのです。海外では羊プラセンタが主流なのですが、日本では基本的に馬か豚が主流で羊のプラセンタサプリは出ていません。羊も馬と同様体温が高く、病気をしにくいため安全性は高いのですが、厚労省が反芻動物の胎盤を使用してはならないという通達を出しているため、国内生産が出来ないのです。日本国内では牛のプラセンタが主流になっていたことがあるのですが、狂牛病の影響で牛のプラセンタは使用が禁止になり、羊にはスクレイピー病という狂牛病に似た病気があるため安全性を考慮して禁止になりました。スクレイピー病は人には感染しないのですが、狂牛病のように変異してしまうと安全が確保出来ないので使用が禁止になっているのです。

馬由来のプラセンタサプリ

馬由来のプラセンタサプリ対して日本では主流の一つとなっている馬プラセンタの安全性はどうでしょうか。馬は反芻動物ではないですし、狂牛病やスクレイピー病のような病気を持っていませんし、馬もまた羊同様に体温が高いため病気をしにくいという特性があります。そのため病原菌に侵されておらずワクチンなどの薬物で汚染されていない綺麗な胎盤を採取することが出来るため、安全性という点においては非常に高いです。それに日本で使われている馬プラセンタはサラブレッドなど身元を特定することが出来るものを使っているため、徹底した飼育方法や環境の中で育てられています。このように安全性については非常に高いので、他のプラセンタサプリよりも安心して飲むことが出来ます。栄養成分もアミノ酸の量が豚の約300倍と高く、栄養素も平均して1.5倍と優れています。羊由来のサプリと違うのは、馬由来のものは国内生産されているため手に入れやすいということでしょう。羊由来のサプリは国内で売っていないので、海外から個人で取り寄せなければなりません。コスパのことを考えると馬の方が続けやすいですし、羊の方が浸透しやすいといってもそれが十分に効くというわけではありませんので、馬由来のプラセンタサプリをオススメします。

豚由来のプラセンタサプリ

豚由来のプラセンタサプリは最も安価であり、コスパの面では非常に優秀なのが特徴です。何故ならば豚は1回の出産で大体10頭もの子豚を産み、年に2回出産をするためプラセンタを採取しやすい状態にあります。価格が安くなるのはこういう理由があるからなのですが、豚は病気にかかりやすく胎盤が薄いというデメリットがあります。馬の胎盤は肉厚なのですが、それは馬が妊娠期間が長く一度に1頭しか産まないことに理由があります。豚は一度に何頭も産むためその分胎盤が薄くなり、お腹に宿る時間も短いので胎盤が肉厚になることが出来ないのです。このため栄養価は馬と比べると劣ってしまいます。そして豚は病気をしやすいことからワクチンを接種して、病気になることを防ぐ事が多いため、ワクチンや薬剤が投与された可能性のある豚のプラセンタを飲んでしまう可能性があるのです。勿論、SPF豚という安全に飼育された豚もいますが、そういう豚であるという表示のない豚プラセンタサプリはどんな豚を使っているかが分からず、安全性にも欠いてしまいます。

どの面から見ても優れている馬プラセンタサプリを飲もう

入手のしやすさや安全性を考慮すると、馬由来のプラセンタサプリを飲む方が良いと言えます。コスパの面では豚プラセンタが一番安いのですが、それでも効果が出るまでどれくらいの量をどれくらいの期間飲み続けるか、と考えると同じ栄養を摂ろうとしたら栄養価の高い方が一度に飲む量が少なく済むので、次を購入するまでのサイクルに変化があります。こうなると豚プラセンタの方が回転が早くなるので結局コスパは悪くなってしまうでしょう。馬由来のもので品質がよいものを選んで飲むようにしましょう。