美にうるさいあの人も愛用者?!海外(西洋)版プラセンタの歴史

古代ギリシャの医師で西洋医学の父、ヒポクラテスが治療に利用していたと言われています。世界の3大美女に挙げられるクレオパトラはもちろん、豪華絢爛を極めたマリー・アントワネットは美容目的で使用していたのだとか。リリン・モンロー、オードリー・ヘップバーン、チャーリー・チャップリンなど、誰もが知るセレブも愛用者だったとされています。時代を越え、広く愛されてきたようですね。ですが、現在の様に、誰もが簡単に手に入れることのできる品ではなかったようです。

権力者が愛した、秘薬の1つだった !アジア版プラセンタの歴史

中国では、秦の始皇帝や楊貴妃が不老不死の妙薬のひとつとして使用していたようです。唐、明の時代には、書籍にも記載され肉体的、精神的な疲れや衰えに対して効用のある滋養強壮の「漢方薬」として珍重されていました。「紫河車」の名でしられ、現在においても欠かせない漢方の1つとなっています。日本ではどうでしょうか?江戸時代には、加賀の3大秘薬のひとつといわれた「混元丹」にプラセンタが含まれていたそうです。(現在はちがいます)
西洋・アジアを問わず、まだ一般庶民には手の届かない、貴重な薬として認識されていたようですね。

プラセンタ研究の進んだ戦後

一部の富裕層のみが知り、手に入れることの出来たプラセンタが、一気に広く知られるようなったのは1930年代、旧ソ連のフィラートフ博士が「組織療法」にプラセンタを利用したことに始まります。冷蔵したヒト胎盤を皮下に埋め込む「プラセンタ埋没療法」というものです。この治療方法が日本に伝わり、1950年~国内の医師たちによってプラセンタを使用した治療や注射の開発が進められました。その一環で生まれたのが、現在医療や美容現場で御馴染みの、更年期障害と乳汁分泌不全に役立てられる「メルスモン」と、肝機能改善の効果が見込める「ラエンネック」です

医療・美容分野で大活躍プラセンタの現在

ヒトプラセンタ

医療現場で使用されているプラセンタは、人間由来の「ヒトプラセンタ」です。現在も臨床が重ねられ、プラセンタの多岐にわたる効果が徐々に明らかになってきています。市販で手に入りやすい豚や馬のプラセンタにも同様とまでは言えないものの、メーカーや研究機関による学術研究で、お肌の水分量増加などの報告がされています。メーカーによっては特殊技術で分子を小さくしたプラセンタを美容・健康成分とともに配合するなど、ユーザーの目的に合わせた商品がいくつも展開されています。プラセンタが広く普及し、種類も沢山あり、誰もが手にできる今だからこそ、正しい情報に基づき、最適なプラセンタを選び抜く知識と技量が必要とされています