馬プラセンタには副作用があるのか?

馬プラセンタには副作用があるのか?馬という動物そのものは、病気になりにくく、免疫力が高い動物として知られています。ですから、ワクチンや薬剤を使用するということがほとんどないのです。馬プラセンタは、薬品などに関与していない自然なものだと言えます。

また、「馬刺し」といって、生の馬肉を食べることがあります。馬は生で食することができるということからも副作用というものが遠い存在であると感じます。

基本的に、馬プラセンタには副作用はないということです。副作用という概念そのものがありません。ですから、サプリメントや化粧品に幅広く使われている

馬プラセンタを使っての体の変化

馬プラセンタを使っての体の変化馬プラセンタを使う理由は肌をきれいにしたいとか、更年期障害の症状を改善したいとか、明らかに何らかの目的を持って使う人がほとんどだと思われます。それらの効果が出る途中での想定外の体の変化というものを感じる人はいます。

 

 

<PMS・生理痛改善目的の場合>

女性の生理の悩みで馬プラセンタを使用する場合に、その効果が出る途中で生理の量が増えたり、生理周期が変わったりすることがあります。

これらの変化を副作用だと言う人もいるかと思いますが、実際にはこれらの変化は副作用とは言いません。副作用と言えば、「望んでいない効果が出ること」という意味あいが強いですが、治療の過程で一時的に起こる身体反応のことを「好転反応」と呼びます。

先ほどの生理の悩みを改善する目的で馬プラセンタサプリを使用している途中に、生理の量が増えたり、生理の周期が変わることは好転反応のひとつだと言えます。

<おなががゆるくなる>

馬プラセンタサプリをはじめておなかがゆるくなるという人がいるようです。馬プラセンタの効果に便秘解消があるので、普段からお通じが快調の人はおなかがゆるくなることもあります。しかし、これも副作用とは言いません。厳密に言えば、馬プラセンタの効果が出過ぎた為であり、しばらくすると落ち着きます

一方で、便秘だという人は馬プラセンタの効果で便秘を解消するのですから、効果というものの判断が難しいと言えます。

このほかにも、効果が出るまでのしばらくの間に何らかの体調の変化が起きる人はいます。あまりにも辛すぎる症状であれば、続けて行くことが難しいと思いますが、そのほとんどは好転反応と呼べるものです。

好転反応は健康食品にはよくあること

馬プラセンタは健康食品にあたりますが、健康食品と呼ばれるものはたくさんあります。青汁もそうですし、雑穀米などもこれにあたります。医薬品ではないけれども、健康になるために成分内容が充実しているものを指します

注意した方がよい例

注意した方がよい例馬プラセンタに限らず、そのほかのプラセンタでも言えることですが、もともとアレルギー体質だという人は、アレルギー症状が出ることがあります。アレルギー症状もさまざまですが、アレルギー体質の人は体が敏感ですから、これまで摂取していないものが体内に入り込むと体がビックリしてアレルギー反応を起こすことがあります。アレルギー体質の人は、少量から始めたり、化粧品であればパッチテストを行うなどの対策を取りましょう

馬プラセンタの副作用のまとめ

馬プラセンタの副作用については、単に想定外の症状が出たからと言って、それが副作用にはならないと言えます。本来の効果を得るために、体内がデトックスされたかのような作用が出ることを好転作用と呼ぶからです。好転作用はしばらくすれば落ち着くものですし、重度の症状が出るというわけではありません。本来の効果を出すまでのほんの少し我慢をすることで、本来の効果を得ることができます。