豚プラセンタの危険性

豚プラセンタの危険性美容と健康に効果があると言われている豚のプラセンタ、かなり認知度が高くなって来ましたが、それでも「豚の胎盤」ということもあり、危険なのでは?と思う人もいるようです。

哺乳類が赤ちゃんを子宮の中で育てるために重要な役割を持つ胎盤、確かにサプリメントなどでは見かけないタイプのものであることは間違いありません。

豚プラセンタがサプリメントになるまで

豚プラセンタがサプリメントになるまで豚プラセンタがサプリメントになるまでの一連の流れについて説明しましょう。サプリメントを製造しているメーカーによって違いはありますが、概ね似たような流れと思われます。

豚は年に2回の出産が可能です。一度に10頭くらい出産します。このように、出産した後に役目を終えた胎盤を使います。使われる胎盤は事前に契約している農家のものを使用します。もしくは、医薬品メーカーでプラセンタエキスなどを製造しているところから買いとるパターンもあるようです。

使用する豚によっては、ワクチンなどをほとんど使用していない豚もあります。しかし、多くは豚舎で集団生活をしている豚です。病気になることもありますし、予防のためのワクチンも使用します。ですから、プラセンタサプリやエキスになるまでに多くの工程が必要です。胎盤内の不要なものを取り除くためには必要です。

ここでひとつ問題があります。豚プラセンタはどうしても製造工程が多く、それだけに必要な成分もどうしても破壊されてしまいます。この製造工程が少ない方が必要な成分も残りやすいのです。豚であればSPF豚、もしくは馬プラセンタを選ぶ方が成分濃度は高いでしょう。

豚プラセンタの製造工程について

豚プラセンタの製造工程、いわゆる「抽出」という工程です。豚プラセンタから必要な成分だけを抽出する方法には、いくつかの方法があります。

<加水分解法>

加水分解法とは、分解釜に胎盤を入れて、酸を加えた後に、反応させる事によって、蛋白質を分解する方法です。この工程は非常に重要で、プラセンタの主成分であるタンパク質をアミノ酸レベルにまで分解することができます

<酵素分解法>

プラセンタの細胞壁に酵素を反応させることで、有効成分を取り出す方法を酵素分解法と言います。この酵素分解法は加水分解法と比べ、有効成分の抽出率が高いので、温度や圧力を激しく変える必要がない為、プラセンタエキスに含まれる成分の量が豊富であると言われています。

<分子分画法>

分子分画法は、プラセンタの水溶液がフィルター(分離膜)を通過する事で、有効成分であるタンパク質の生態活性物質を壊す事なく取り出す事ができる方法です。余分な不純物も同時に取り除く事が出来るため、効率良く有効成分を取り出す事ができると言われています。分子量の小さなアミノ酸であれば、従来から用いられている加水分解や酵素分解で十分だとされていますが、細胞増殖因子やサイトカインのような複雑でデリケートな分子は粉々に壊れてしまうため、分子分画法を用いて抽出する場合があるそうです。

<凍結融解法>

胎盤を凍らせる事でプラセンタの細胞壁に結晶を作り、その結晶部分が胎盤の細胞壁を傷つけ、有効成分を取り出す方法です。十分に有効成分を取り出すためには、凍結と融解を最低2回以上繰り返す必要があります。コストも掛からず、簡単な抽出方法ではありますが、タンパク質の活性化を失う事が多い抽出法とも言われています。凍結破砕法、細胞破砕法とも呼ばれています。

このほかにも、細胞培養法や独自の方法もあり、豚プラセンタをサプリメントやエキスにするには難しい工程を踏んでいます。それぞれの製造方法にメリットもデメリットもありますが、もともとは胎盤という臓器を私たちが口に入れたり、肌に付けたりしても問題がない状態に持って行くには必要な工程なのです。

製造方法によって商品の値段も変わる

製造方法によって商品の値段も変わる豚プラセンタに限らず、どのプラセンタでも言えることですが、製造方法によって価格に反映されます。コストのかかる方法はより安全ですが、プラセンタ商品が高くなりがちです。とはいえ、低コストの製造方法だと安全性に不安を感じる人もいることでしょう。

豚プラセンタって危険なの?まとめ

ワクチンや薬剤を使用する豚も多い中で、危険性をなくすために製造工程が重要です。製造工程にもいくつもの方法があり、それぞれのメリット、デメリットがあります。しかし、どのメーカーも消費者に安全なものを届けたいという気持ちは同じです。

豚プラセンタの中で危険性が一番少ないのは、やはりSPF豚プラセンタを使用した商品を選ぶか、医薬品メーカーの製造した豚プラセンタエキスを使って製造された商品を選ぶ、または豚よりも安全性の高い馬プラセンタを使用したものを選ぶことをお勧めします。