植物プラセンタと動物プラセンタについて

植物プラセンタと動物プラセンタについて植物プラセンタは、植物を原料としたプラセンタです。花や果物、生薬・・・あらゆる植物がプラセンタの原料として使われています。
ライ麦、トウモロコシ、大豆、アロエ、クロレラ、カッコン、メロン、バラ・・・かなりの数の原料が存在します。

動物プラセンタは、動物の胎盤を原料としたプラセンタ

です。馬、豚、羊の胎盤を使ったプラセンタが主です。羊については輸入品であり、日本で使われている主な動物プラセンタは、馬か豚です。これらの動物の中でも産地が日本のものもあれば、海外のものもあります。

★馬プラセンタの詳細はコチラ⇒

成長因子

プラセンタがここまで注目されるようになったのは、成長因子が含まれるからです。ほかのサプリメント等の健康食品で成長因子が含まれるものはありません。成長因子の効果を得たければ、プラセンタを使用するというのが鉄則となっています。この成長因子ですが、動物の胎盤に含まれるものであり、植物には含まれません。よって、植物プラセンタには成長因子が含まれないということが言えます。成長因子は、細胞増殖因子とも呼ばれており、美容と健康に効果を発揮します。成長因子の中に細かな種類が存在し、それぞれの役割を果たしています。

<成長因子の効果>

  • 肌のターンオーバーの正常化
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす
  • 皮膚、角膜、肺、気管などの上皮細胞を増殖する
  • 肝細胞や諸組織の細胞を増殖する
  • 軟骨細胞、平滑筋細胞を増殖する
  • 関節痛を和らげる
  • 育毛効果
  • 自律神経、ホルモンバランスを整える
  • 造血幹細胞などの、免疫力の向上にかかわるさまざまな細胞を増殖する

と、ざっと並べただけでもこのような効果があります。これらの効果を見ると、美容面の若返り効果、内臓面の若返り効果があります。

成長因子成長因子にこれだけの効果があるということは、植物プラセンタにはこのような効果がないということにもなります。動物の胎盤にあたる部分を胎座と呼び、植物プラセンタに使われていますが、胎座には残念ながら成長因子は含まれていません。その点、植物プラセンタにはいくつかの植物を原料とすることで、成長因子のない分を補っています

しかし、実際のところは成長因子に勝る成分はないという印象です。子宮の中で細胞だったものを数ヶ月で動物として出産させることに起因している成長因子です。これに勝る成分はないというのも納得できます。

植物プラセンタと動物プラセンタの価格の違い

植物プラセンタと動物プラセンタの価格の違い動物プラセンタに成長因子が含まれているということもあり、価格面では動物プラセンタの方が高いという印象があります。成長因子以外にも、プラセンタの製造方法によって価格には影響があるようです。成分が壊れないような製造方法だとどうしても価格に影響します。

植物プラセンタでも原料にこだわっていて、製造方法も特殊なものを使用しているとか、同時配合成分によっても価格は違って来るようです。

植物プラセンタと動物プラセンタの大きな違いとはまとめ

植物プラセンタと動物プラセンタの大きな違いは、やはり成長因子のようです。この成分はプラセンタの要とも言われる成分ですから、この成分が配合されていない植物プラセンタはいくつかの原料を使うことで少しでも効果をアップさせようとしている印象があります。よって、価格差についても想定内と言えますし、商品によってはそこまで差がないものもあるようです。