プラセンタ市場規模

プラセンタ市場規模美容系サプリメントは数多く発売しており、その中でコラーゲン、ヒアルロン酸という美容素材は中心的な位置にいました。それは、サプリメントや化粧品などにこれらの成分が含まれることからも多くの人が認識していることでしょう。

しかし、ここ10年あまりでプラセンタの市場規模は約1.5倍になっており、グラフを見て分かるように順調に市場規模が拡大中です。それに伴って、新規参入のプラセンタ商品を取り扱うメーカーも出て来ています。食品メーカーをはじめ美容関連メーカーなど各種メーカーが魅力的なプラセンタ商品を販売中です。

出典元:https://www.e-expo.net/information/placenta02/

豚プラセンタはどうなっているか

プラセンタ市場の中でも豚プラセンタにおいては、馬や羊、植物プラセンタと比べて商品数も多く、価格もそのほかのプラセンタ商品と比べて安価な部類に入ります。よって、豚プラセンタは長期的に続けてもコストがあまりかからずに効果を得ることができます

豚プラセンタがプラセンタ市場の中でここまでシェア率が高いことの背景に、豚の出産数や胎盤数の多さがあります。豚は年に2回の出産が可能であり、1回の出産で10頭ほど産みます。このことから、市場に出回る豚の胎盤数も多く、豚プラセンタ価格は割と安価で取引されます。

豚プラセンタと違って馬プラセンタは、馬の出産が年に1回であり、1回の出産で1頭しか産みません。このことから、市場に出回る胎盤数も少ないことから、価格も高額になりがちです。

羊プラセンタは、日本での製造が認められていませんから、海外のものを輸入する形で手に入れることになり、どうしても流通数が少なくなります。

豚プラセンタの問題点

豚プラセンタの問題点豚プラセンタはその名のとおり、豚のプラセンタを使用しています。豚というだけで不潔とかしっかり火を通さないと食べられないという先入観から、豚プラセンタに不安要因があると感じる人も多いことでしょう。

しかし、豚プラセンタに関して言えば、厳しい管理の下で飼育された豚プラセンタも存在します。もちろん中には飼育環境が豚舎で行われている豚もあるでしょう。それでも、豚プラセンタとして商品化されるまでには数々の工程を得ているので、一般的には安心です。

豚プラセンタの中でブランドとも言えるふたつのプラセンタについて紹介しましょう。

スノーデン社の豚プラセンタ

スノーデン社はプラセンタ使用の医薬品の製造を厚生労働省から認められた数少ないメーカーのひとつです。豚だけでなく、馬プラセンタも製造しています。国から認められたスノーデン社の豚プラセンタはスペイン産を使用しています。

スノーデン社のプラセンタを使用した医薬品は、更年期障害、肝臓病などに使われており、高い効果を上げています。

SPF豚のプラセンタ

SPF豚のプラセンタ豚プラセンタの商品を見て行くと、「SPF豚のプラセンタを使用しています。」という紹介文を見ることがあります。このSPF豚は豚の健康に悪影響を与える指定された特定の病気が存在しない豚のことをいいます。日本SPF協会が定めた基準で育てられている豚にしかSPF豚とは認められません。

豚プラセンタの市場のまとめ

豚プラセンタの市場はこれからも活気つくことでしょう。これまでの流れからしても、プラセンタという成分にコラーゲンを生成する効果のあるアミノ酸が含まれていることから見ても、いくつかの単体の美容成分をまとめたような効果があるからです。また、健康面での効果が高いことも市場拡大の伸び率に貢献していると言えるでしょう。