豚プラセンタとは

豚プラセンタとは豚の胎盤のこと。豚の胎盤のことを豚プラセンタと言います。現在、流通しているプラセンタの中で豚のものが一番多く、サプリメント、化粧品などあらゆる商品で使われています。

日本で流通している豚プラセンタにも、国内産、海外産のものがあり、その中でもSPF豚のプラセンタは人気が高いのですが、豚プラセンタの中でも8%しか流通していないようです。このほかにも、厚生労働省から認可を受けている製薬メーカーが製造した豚プラセンタエキスもありますが、こちらはスペイン産の豚です。

国内産=安心、海外産=不安ということはなく、もっと奥深いのがプラセンタなのです。

アレルギーについて

アレルギーについてアレルギーとは、口に入れることで症状が起きる場合と、肌に付けて症状が起きる場合とに分かれます。症状は多彩で、発疹など分かりやすいものから体調面での症状とあらゆるパターンでこれまでにない症状が起きます。一般的には過剰な免疫反応のひとつであり、それらの原因になるものをアレルゲンと言います。

一般的には花粉、ダニ、ほこりなどがありますが、一般的には身体に悪いものではなくても、アレルギーが起こることもあります。食品アレルギーはその例のひとつです。身体に良いと言われる食品でもアレルギーは起こっています。

豚プラセンタでアレルギーは起こるか?

豚プラセンタでアレルギーは起こるか?豚プラセンタでアレルギーが起こるという人はいます。豚プラセンタにはさまざまな成分が配合されており、その成分によるアレルギーはあるようです

 

 

 

<アミノ酸>

アミノ酸のアレルギー反応は、肌に付ける場合に起きやすくなっています。プラセンタ化粧品、シャンプーで起こることもあります。

<タンパク質>

タンパク質の摂りすぎでアレルギーが起こることがあります。プラセンタサプリには成長因子が配合されており、この中にはタンパク質も含まれます。サプリメントだけでなく、一般的な食事でタンパク質を摂りすぎると、総合的にタンパク質の摂りすぎとなることで、アレルギーが起こることがあります。

特に、アレルギー体質だという人はこの傾向があります。タンパク質は体に良い成分ではありますが、摂りすぎるとアレルギーを起こすこともあるので注意しましょう

そのほかの成分でアレルギーが起こることも

豚プラセンタの化粧品で言えることですが、そのほかの成分でアレルギーが起こる場合があります。例えば添加物が良い例です。香料に弱い、パラベンに弱いなど、既に自分に合わない成分に気が付いている人もいるかと思いますが、そのほかの成分にも注意しましょう。一般的に、無添加処方のものは肌に付けるときに安心できます。

アレルギーに気を付けた方がいい人

アレルギーに気を付けた方がいい人アレルギー体質の人や体調が思わしくない人です。はじめて体内に入れる成分や肌に付ける成分には注意を払うようにしましょう。飲んでいる薬がある人は医師に相談してから使いはじめるようにしましょう。

肌に付けるものはパッチテストを行い、数日経っても問題がなかった場合に使用するようにしましょう。遅延型アレルギーと言って、数日後にアレルギーが出る場合もあるからです。

豚プラセンタでアレルギーを起こす?のまとめ

豚プラセンタでアレルギーが起きる可能性はゼロではありません。アレルギー体質の人は注意し、できる限り無添加のものを選んだり、使い始めるときは体調が悪すぎるときを避けましょう。もともとは体に良いから使いはじめる豚プラセンタですから、アレルギーの頻度は多くはありませんが、体質的に不安がある人は少量から始めたりすると良さそうです。