豚の成育環境から見る豚プラセンタの副作用

豚の成育環境から見る豚プラセンタの副作用豚は生育過程において予防接種・ワクチン・抗生物質などといった薬剤の投与があるのが一般的です。というのは、豚は病気にかかりやすい動物の上に、集団で飼育されるため。1匹の豚が病気になると集団感染することが多く、ワクチンの投与は仕方ないのかもしれません。

このように育てられた一般的な豚の胎盤はどうしても薬剤の影響が気になります。ヒトへの副作用や危険性をできるだけ排除するのは当然のこと、おのずと製造工程で有効成分までも破壊されてしまいます

豚プラセンタにこだわるならSPF豚

プラセンタは豚だけではありません。馬プラセンタもありますし、輸入品であれば羊プラセンタもあります。しかし、豚プラセンタにどうしてもこだわりたいという人は、病気に配慮した豚であるSPF豚という豚のプラセンタ商品を選べば、安全性も高い上に、薬剤の影響が心配ないので有効成分も破壊されていない商品を手にすることができます。日本SPF豚協会が設けている厳格な基準で育てられた豚しかSPF豚を名乗れないようになっています。

SPF豚は赤ちゃん豚のときから隔離され、衛生的な飼育状態、与える飼料、ワクチンや薬剤に関する基準などを全て満たしています

こだわりの製法で飼育されたSPF豚のプラセンタ商品は、流通数はそう多くありません。豚プラセンタとしては価格面では安価ではありません。馬プラセンタの価格とそう変わらないもしくは、少し安価という程度です。

豚プラセンタ 副作用の概念とは?

豚プラセンタ 副作用の概念とは?基本的に、医薬品を飲んで治療目的にそぐわない症状として現れるのが副作用です。豚プラセンタは医薬品ではなく、健康食品にあたります。とはいえ、何らかの美容面、健康面の効果を得るために使うという点では医薬品と似ているのかもしれません。

これまで報告されている症状は、アレルギー症状を持つ人がアレルギーが出てしまったとか、皮膚に発疹のようなものが出たというようなものであり、重篤な症状は報告されていません

豚プラセンタの副作用が心配な人は

豚プラセンタサプリや化粧品で困った症状が出るかもしれないという不安がある人は、サプリメントであれば1日2錠なら1錠でスタートする、化粧品であれば肌の見えにくい場所でパッチテストを行うといいでしょう。これまで、サプリメントや化粧品が合わない経験をしたことがある人、アレルギー体質の人は注意しましょう。

豚プラセンタにこだわらないという選択

豚プラセンタにこだわらないという選択体に何らかの思わぬ症状が出たらどうしよう・・・と悩むくらいなら、思い切って馬プラセンタを選択するというのもひとつの方法です。豚プラセンタに比べてアミノ酸の量も種類も多いですし、何よりも安全性が高いです。ただ、豚プラセンタに比べると価格が高くなります。

植物プラセンタというものもあります。このプラセンタは成長因子が含まれていないので効果の面で豚プラセンタには劣るでしょう。

好転反応

好転反応というものがあります。美肌効果を狙っているときに、一気にニキビが出たりするものです。すぐに治まりますが、体の中の悪いものが一気に出ることでこのような反応を起こすことを「好転反応」と呼びます

すぐに治まって、本来求めている効果が出始めます。しかし、このような症状が続く場合は一度医師に相談したり、購入元のカスタマーセンターに問い合わせる方がいいでしょう。

豚プラセンタに副作用ってあるの?まとめ

豚プラセンタは医薬品でないので副作用という概念はありませんが、それでも思わぬ症状が出る可能性はゼロではないようです。アレルギー体質の人は事前に使用量を少なくするなどの対応策を取りましょう。どうしても豚プラセンタでなくてはならないというわけでなければ、馬プラセンタを選ぶという選択肢もあります