羊プラセンタサプリは高い?

羊プラセンタサプリは高い?羊プラセンタは価格が高いとよく言われます。確かに高額なものはちょっとビックリする額ではありますが、すべての羊プラセンタがそうではありません。割と安価な羊プラセンタサプリメントや化粧品も最近では見かけるようになりました。羊プラセンタは、商品によって価格差があると言った方が正しいでしょう。

価格に反映されているのは、関税や製造元でないメーカーが販売している場合のマージンなどです。海外の羊プラセンタサプリは、現地で購入すると同じ商品でもかなり安価で購入できるという現実があります。

確かに、羊プラセンタサプリの価格を見ると、馬プラセンタでもいいのでは?と思うような高額なものもあります。

羊プラセンタサプリは効果が出やすい

羊プラセンタサプリは美容効果も健康効果も出やすいとよく言われます。これは、羊とヒトの胎盤、アミノ酸組成が似ているためです。効果が出やすいことは本当であり、プラセンタや化粧品を試すときに効果が早く感じられるのは大変うれしいことです。

羊プラセンタは安全だ

羊プラセンタは安全だ動物プラセンタは馬、豚、羊の3種類です。羊のプラセンタは免疫力が高く、病気になりにくいと言われています。病気になりにくいということは、ワクチンや薬剤の使用が少ない、もしくは使っていないということになります。

そのほかの動物プラセンタについて見て行きましょう。馬も免疫力が高く、病気になりにくい動物として有名です。この点は羊と馬は同等だと言えるでしょう。豚については、飼育環境が集団で豚舎に入れられて生活する場合、病気にかかりやすく、ワクチンや薬剤を使います。豚の中でもSPF豚については赤ちゃん豚のときに隔離されて病気にならないような飼育環境に置かれるので、馬に近い状態とも言えるでしょう。

羊プラセンタサプリはどうして日本で製造されない?

羊プラセンタの問題点は価格面だけのような気もして来るのですが、どうして日本で製造されないのでしょうか。これはかなり前のことになりますが、狂牛病が流行したことで国内で製造ができなくなったのです。

羊にはスクレイピーと呼ばれる狂牛病に似た病気があります。この病気の可能性があるために、事前に危険性のある羊のプラセンタは製造禁止とされています

日本の羊の頭数

日本の羊の頭数日本にいる羊で羊のプラセンタが製造されないことは、スクレイピーの問題があるからですが、実際に日本にいる羊の頭数そのものが13,000頭くらいしかおらず、どうしても羊プラセンタ商品を製造するには少ないような気もします。

羊プラセンタで有名なニュージーランドはヒトの数よりも羊の数が多いとも言われていますし、羊の数が一番多いのは中国で2億頭を超えています。続いてオーストラリアで7000万頭を超えています。

羊プラセンタサプリを買う前に知っておくべきことのまとめ

羊プラセンタサプリは効果も安全性も素晴らしいのですが、どうしても価格面でネックになってしまいます。価格が高いと続けることが難しい上に、1日あたりのコストで比較すると、確実に高くついてしまいます。同じレベルの効果と安全性を兼ね備えているのは豚よりも馬プラセンタです。日本で製造されているので関税もかからずに価格は羊よりも安価。どうしても馬プラセンタが嫌というわけでないのなら、馬プラセンタが一番高い評価ができるでしょう。