ニュージーランドについて

ニュージーランドについて二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸と対する。ニュージーランドの面積は、268,680㎦であり、豊かな国土と地形から農業がさかんです。人口の10倍以上の家畜が存在します。(人口は459万人)貿易輸出国は、オーストラリア、アメリカ、日本の順で盛んです。

ニュージーランドは羊が育つのに適している?

ニュージーランドは自然豊かですし、スクレイピーという羊の狂牛病のような病気の発症もありません。ひとことで言うと「羊を飼育するのに安全な国」なのです。

また、ニュージーランドは羊が伸び伸びと育つ国土面積の広さもあります。羊のイメージからしてぎゅうぎゅうに育つというイメージはありませんが、のびのびと育つ羊だからこそ、ストレスが少なく病気にかかりにくいのです。

政府の認定証

政府の認定証ニュージーランドの羊は医療用動物の1頭1頭が生育環境、エサ、健康状態を細かく管理されています。1頭ごとにニュージーランド政府の認定証が発行されています。ここまで細かく管理されているので安心です。

ニュージーランドは原子力発電所がない国

自然豊かでクリーンなイメージの強いニュージーランドは原子力発電所のない国として知られています。原子力発電所の事故が起きる可能性そのものがゼロということで、羊の安全性の高さが評価されています

ニュージーランドの羊の数は減っているらしい

ニュージーランド産の羊のプラセンタを使っているという羊プラセンタ商品が多いので、さぞかし羊の頭数が多いと思ってしまうのですが、3000万頭を超える数の羊しかいません。この数は、ピーク時の1982年時の7000万頭から比べるとかなり減っており、毎年2.5%ずつ羊の数が減少していることになります。異常気象での水不足によるエサになる草が育たずに飼料を購入せざるを得ないことでコストがかかる点や、羊を育てる人が少なくなり乳牛を育てる人が増えたことが原因です。

安全性が高いので安心して羊プラセンタを商品化できる

安全性が高いので安心して羊プラセンタを商品化できる羊そのものは世界各国にいるにも関わらず、ニュージランドの羊を使ったプラセンタが多いのは、総合的に見て安心できるためです。

ヒトの口に入れるもの、肌に付けるものに加工する羊のプラセンタですから、効果の高さはもちろんですが、それ以前に安全性が重要なのです。私たちが使用する際に、安全性に疑問がある羊プラセンタだったとしたら、購入は遠慮することでしょう。

羊プラセンタはニュージーランド産が多い理由のまとめ

羊プラセンタにニュージーランド産が多い理由は、ニュージーランドという国は一番安全性が高く信頼のおける国だからです。私たちが海外の商品を購入するときに、やはり安全性やその国の信頼度については考えることと思いますが、羊プラセンタも同じです。安全性があってからこその効果ということになります。