羊プラセンタの個人輸入について

羊プラセンタの個人輸入について羊プラセンタの個人輸入とは海外の商品を日本にいながら購入するということです。海外でしか販売されていない商品を購入することができますし、海外の商品を輸入して日本で販売しているメーカーなどから購入するよりも安価で購入することができます。

ちょっと面倒な気もしますが、本来なら手に入れることができない商品を手に入れることができたり、日本の輸入品取り扱い業者より個人輸入の方が安価で購入できたりするのですから、メリットも大きいのです。

羊プラセンタサプリや化粧品の個人輸入ももちろん可能です。海外では安価で販売されているのに、日本にいるというだけで高い費用がかかるのですから、確かにもったいない気がしてきます。

個人輸入って大丈夫?

個人輸入で気になることがいくつかあります。

<為替レートの変動>

海外の商品を購入するのですから、為替レートには敏感になっていた方が良さそうです。「円高ドル安」とニュースなどで聞くことがありますが、為替レートは日々変化しています。この為替の動きによって、大幅にお得に購入できることもあれば、そうでないこともあるのです。

また、個人輸入の商品の支払いはクレジットカード払いです。この支払いも日本とは違っていて、購入した日の為替レートではなく、クレジットカード会社に請求が行った日の為替レートで決済されます。

<外国語ができるか>

万が一、トラブルに見舞われたときには販売元のメーカーと交渉しなければなりません。このときに、主に英語での交渉が可能かどうかが問われます。販売元が英語でなければ、他の国の言葉となるので注意しましょう。

ネットを駆使すればある程度の英語ができれば、翻訳サイトなどもありますし、対応できないということもなさそうですが、全く英語が分からないというような場合は交渉が難しいかもしれません。

海外の商品を購入するそのほかの方法

海外の商品を購入するそのほかの方法個人輸入はやっぱりハードルが高いと思った人もいることでしょう。そのような人でも海外の商品を手にすることを諦める必要はありません。

輸入品を代行して販売している業者を利用するという方法があります。

為替レートの問題、面倒なトラブルなどを考えなくてもいいのでストレスなく購入することが可能です。ただ、問題は費用面です。海外で購入する価格だけで済むということはなく、何割かが上乗せされた額で商品を購入しなければなりません。

これが、継続して使用する羊プラセンタなどになると長い目で見ると結構な価格差が出てくることは否めません。そこまで高い費用を出して羊プラセンタを手に入れなくても、それ同等もしくはそれ以上の内容のサプリメントが日本では比較的安価で購入できます

羊プラセンタと同等のプラセンタ

羊プラセンタの購入を考え直そうと思ったときには、日本で製造販売している「馬プラセンタ」や「SPF豚プラセンタ」を選ぶと価格の面でも羊プラセンタと同等、もしくは安価で購入可能です。

効果についても問題なく、何か問題が起きたときも直接フリーダイヤルで問い合わせたりすることができます。為替レートのことも気にしなくていいのです。

羊プラセンタは個人輸入できる!?のまとめ

羊プラセンタは個人輸入できる!?のまとめ羊プラセンタは個人輸入できるかどうか、それはもちろん可能ですが、スムーズに購入することができなかった場合は問題が大きくなったり、泣き寝入りするということもあります。トラブルに対処できない、もしくは面倒なので考えたくないという人は羊プラセンタにこだわるのであれば、輸入代行業者から購入するとよいでしょう。また、同等の効果が得られるけれど価格は抑えられる馬プラセンタもしくは、SPF豚のプラセンタを選ぶ方が良さそうです。