羊プラセンタに副作用はあるのか

羊プラセンタに副作用はあるのか羊プラセンタは美容効果が特に高く、ヒトの体に吸収しやすいアミノ酸組成であることから、世界的に人気があります。特に、アメリカやヨーロッパで人気があり、海外セレブの多数が使用しています。

著名人が使用していると何となく身近に思えたり、大丈夫そうに思えたりするものですが、羊プラセンタを飲んで体の変化が起きたという人はいるようです。

副作用と体の変化

サプリメントを飲んで、自分の意にそぐわない効果が出ると、それを「副作用」と呼ぶ人がいます。このような体の変化は副作用ではありません。副作用とは本来医薬品に使われるもの。羊プラセンタは医薬品ではなく、健康食品です。

羊プラセンタサプリを飲んで、本来の目的意外の体の変化が起きることは当然あります。起こりやすい例について紹介します。

<生理周期、量の変化>

羊プラセンタはホルモンバランスを整える効果があります。その結果、生理周期が変わったり、生理の量が増えることがあります。数ヶ月すると落ち着きます。本来は、生理不順に効果があったり、PMSや生理痛の緩和に効果があります。最初は生理周期や量が変化することで驚きますが、数回で落ち着きます。

<おなかがゆるい>

羊プラセンタの効果に、便秘の解消というものがあり、女性から注目されています。女性の半数以上が便秘もしくは、便秘傾向があると言われています。しかし、女性の中にも便秘の傾向さえない毎日快調な人もいます。このような人は、もとから便秘ではないのですから、おなかがゆるくなるのも当然です。羊プラセンタの粒数などを減らしたりして対処するか、普段の食事の中でおなかの調子に影響しそう名食べ物を控えるようにしましょう。

<アレルギー症状>

アレルギー体質の人は、あらゆる食べ物やホコリ、花粉などにアレルギー反応を起こします。花粉症やハウスダストアレルギーはその一例です。とはいえ、アレルギー体質の人も毎日のようにアレルギーが起きているわけではありません。ただ、アレルギー体質というのは、これまで体内に入れたことがない食品や物質には起こりやすく、羊プラセンタサプリを飲んだあとに、アトピーの症状が出たという例はあるようです。

 

これは、羊プラセンタでなくても起こり得る問題です。

好転反応

好転反応好転反応について見て行きましょう。好転反応とは、例えば美肌効果を狙ってサプリメントや化粧品を使っていたにも関わらず、一気にニキビが出現したりすることです。あらゆる症状がありますが、上記のような症状は分かりやすい一例です。

  • 傷ついた細胞が新しく生まれ変わるとき
  • 体内の有害物質が排出されるとき
  • 血液やリンパの流れが活発になるとき

に、起きると言われています。体が順応するまでの一時的な現象です。デトックスの期間とも言われており、体内に悪い物質が溜まっている人ほど症状が出やすいようです。あまりに長期間続く場合、症状がひどすぎる場合はプラセンタの使用も難しくなりますが、しばらくすると治まるものなので様子を見てください。

<好転反応の症状>

  • ニキビ
  • 頭痛
  • 精神面(イライラ、ゆううつなど)
  • 下痢
  • 体がだるい

さまざまな症状があります。だいたい1~3日で治まることが多いようです。

羊プラセンタを過剰摂取しない

羊プラセンタを過剰摂取しない美容と健康に効果のある羊プラセンタ、気になるのは過剰摂取の問題です。過剰摂取は、サプリメントなどの効果を早く出したいと思うあまりにしてしまうことです。とはいえ、過剰摂取をしたからといって、本当に早く効果が現れるのでしょうか。

 

 

<余分な成分は排出される>

残念なことに、羊プラセンタを過剰摂取しても余分な成分は尿に排出されてしまうようです。ですから、過剰摂取はしても意味がなく、むしろ内臓を傷めてしまう可能性が出て来ます

羊プラセンタに副作用ってあるの?まとめ

羊プラセンタの副作用は基本的にはなく、サプリメントの効果が出てくるまでの体の変化、好転反応と言えるものはあります。アレルギー体質の人は注意した方が良さそうです。はじめてのものを口にするときには何らかの体調の変化が考えられるので、本人が一番よく分かっていると思いますが、注意しましょう。